調剤薬局監修の脳神経外科の広告宣伝

脳神経外科の広告宣伝

そして、医療に関する広告として広告可能な事項は患者治療選択等に資する情報であることを前提としています。



医療の内容等については客観的な評価が可能であり、かつ事後の検証が可能な事項に限られるものとする。



薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



医療に関する広告は法又は広告告示により広告が可能とされた事項以外は文書その他いかなる方法によるを問わず、原則禁止です。


 

脳神経外科は競合医院も少ない為、広い範囲からの来院が見込めます。競合医院との兼ね合いを考慮し、広めの広告展開エリアの設定をしましょう。。

 

薬剤師 就職