調剤薬局監修の脳神経外科診療の今後

脳神経外科診療の今後

脳神経外科診療自体も年々高度となり、一個人で脳腫瘍、脳卒中から小児奇形まで診断・治療を行うことは事実上不可能となってきました。



すなわち、脳神経外科診療でも「細分化」と「統合」が行われております。





薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



細分化されたsubspecialtyは日本脳神経外科学会員が主たる構成メンバーである




日本脳卒中の外科学会/脳卒中学会、日本脳神経血管内治療学会、などの関連学会を中心として生涯教育、研究が進められています。

薬剤師 就職