調剤薬局監修の脳神経外科に関する情報サイト

事業計画に盛り込む項目

事業計画に盛り込む項目
(1)事業背景
(2) 理念、コンセプト
(3) 患者像と市場調査結果
(4) 提供する医療、サービスの説明
(5) 設備、機器導入計画
(6) 投資と資金調達計画
(7) 複数年度の収支シミュレーション
(8) 開業までのスケジュール

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

つまり事業として始めたいこと(ターゲット患者、提供する医療、準備する機材)は何か、それによる収支、投資計画は適切なものとなっているかということを、第三者が見てもわかるようにまとめてあることが重要です。

 

特に、開業を考え始めたときは、あれもこれもといろいろなことに手を広げたくなってしまい、実際には運営しきれないほどの検査機器や設備が必要になってしまうことがあります。

 

事業計画書は、具体的な数字によって事業の実現性を確認するための書類でもあります。また、銀行融資を受ける際の重要な書類となりますので、今までにない特色をもつ、実現性の高い事業を設計することを意識することも重要になります。

 

よくわかる調剤薬局のことならこのサイト

やりがいのある薬剤師 求人をお探しなら

自分にあった薬剤師 転職を希望の方はこちら