調剤薬局監修の脳神経外科に関する情報サイト

資金調達について

資金調達には、自己資金、政府保証融資、担保融資、無担保融資、が考えられます。

 

当然、金利負担などが安いに越したことはありませんが、事業の実現に至るためには、一時的な無担保融資でしのぐことも検討に値します。 借入先は民間銀行以外、社会福祉・医療事業団、国民生活金融公庫、医師信用組合等あります。

 

資金計画、借入金返済計画を綿密にたて、さらに何にいくら必要か(所用資金)、どこからいくら資金を調達するのか

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

(資金調達)、いつどれだけの資金を調達し、いつどこにどれだけ支払うのか(資金収支)という開業までのしっかりしたスケジュールに基づいた資金収支が必要です。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸