調剤薬局監修の脳神経外科に関する情報サイト

脳神経外科医の診療圏の調べ方

診療圏調査とは開業場所を選定するにあたって、実際そこで開業した場合にどれぐらいの患者数が見込めるかを各種統計データから検証して算出する事です。診療圏の目安としては、実際は診療スタイル、立地、専門性、競合する医院、駐車場の有無、単独での開業orクリニックモールでの開業などによって診療圏は変化しますし、専門性で他県からの来院患者を獲得するといったケースもありますが、交通事故、脳卒中などの患者を広く集められることを考慮し、半径約2.000m圏内がよいのではないか、とされています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

開業予定地の近隣の競合医院や人の流れを調べ、診療圏を設定します。診療圏は大きな道路や線路、川などにより容易に遮断されるため半径何mではきっちりとは設定出来ず、円にならないこともあります。また競合医院の評判・専門・年齢・出身大学・後継者の有無・来院患者数も調べるとよいでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

診療圏は重要な広告宣伝対象地域となり後々の広告戦略にもつながります。また、診療圏内の人口動態(町丁別・年齢別・性別・人口推移)を調べます。交通条件においても、脳神経外科は、緊急患者が多く予想されますので、交通の便がよい、などのことも考慮するべきでしょう。そして、診療圏、競合医院調査、人口調査と厚生労働省の受療率を参考にし、推定来院患者数を算定します。

 

薬剤師 就職