調剤薬局監修の脳神経外科に関する情報サイト

助成金制度の活用について

雇用促進や、従業員の能力開発等に対して種々の助成金・奨励金制度が設けられています。 助成金とは国や各自治体等が支給する「原則返済不要」の資金のことです。ただしこの助成金制度は事業計画上あくまでも付録的なものとして位置づけ、助成金がなくても医院経営が成り立つよう計画しておくことが重要です。また、適用要件や内容が頻繁に変わりますので注意が必要となります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

また、助成金等は公共職業安定所長等に事前に計画書を提出し、一定の要件を満たした上でなければ受給できないので注意が必要です。助成金の種類は、大変多く50種類以上ともいわれています。仮に、現時点で一定の条件を満たしていなくても、様々な助成金・補助金の存在を知っておけば、今後、経営方針の選択をしていく上で役に立つでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

比較的受給できる可能性のある助成金の一例
地域雇用開発助成金
・新規・成長分野雇用創出特別奨励金・キャリア形成促進助成金
・中小企業雇用創出等能力開発助成金・受給資格者創業支援助成金
・創業費用の3分の1(最大200万円)・介護基盤人材確保助成金(最大850万円)
奨励金の一例
・看護休暇制度導入奨励金・育児両立支援奨励金
地域雇用受皿事業特別奨励金・創業費用の3分の1(最大500万円)・1人雇うと30万円(最大100人まで)
これらの助成金を有効活用することによって、医院開業当初の資金繰りを大幅に楽にすることが可能となります。

 

薬剤師 転職