調剤薬局監修の脳神経外科に関する情報サイト

患者を絞った有効な広告手段

医療法広告規制の基本的な考え方は、(1)医療は人の生命・身体に関わるサービスであり、不当な広告により受けて側が誘引され、不適当なサービスを受けた場合の被害は他の分野に比べ著しいこと。(2)医療はきわめて専門性の高いサービスであり、広告の受けてはその文言から提供される実際のサービスの質について事前に判断することが非常に困難であること。 (旧制度から引き続き堅持)とされています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

そして、医療に関する広告として広告可能な事項は患者治療選択等に資する情報であることを前提とし、医療の内容等については客観的な評価が可能であり、かつ事後の検証が可能な事項に限られるものとする。(客観性・正確性を確保)としています。 医療に関する広告は法又は広告告示により広告が可能とされた事項以外は文書その他いかなる方法によるを問わず、原則禁止です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

脳神経外科は競合医院も少ない為、広い範囲からの来院が見込めます。競合医院との兼ね合いを考慮し、広めの広告展開エリアの設定をしましょう。また、CT やMRIなどの医療機器を導入している場合には近隣病医院との連携することも重要なので、パンフレットなどのツールを利用すると良いでしょう。主なターゲットとしては高齢者になりますが、会社員などもターゲットとなる為、通勤等で使用する最寄の交通機関への広告も効果的です。

 

薬剤師 就職