脳神経外科に関する情報サイト

脳神経外科とは

脳神経外科学は、脳、脊髄、末梢神経、脊椎などに関する臨床医学の1分野です。これらの臓器の内科的疾患は概ね神経内科学が担い、外科的疾患を脳神経外科が担うという役割分担があります。

 

 

日本においては明治時代から先駆的な脳の外科的治療が行われてきましたが、現在の脳神経外科は第二次世界大戦前後に脳神経外科の確立に情熱を注いだ優れた指導者達のもとで育ったといってよいです。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

脳神経外科の患者の特徴

現在医療は多くの専門分野で構築され、神経内科、循環器内科、内分泌内科、眼科、耳鼻科、小児科、放射線科、精神神経科、整形外科、形成外科、麻酔科と いった多くの診療科とチーム医療を行うことが脳神経外科診療の常識となっています。

 

また、医師のみではなく看護師、薬剤師、理学療法士、言語療法士、放射線技師、検査技師、栄養士と言った多くの職種との円滑なチームワークが患者の予後を高めるためには必須となっています。

 

また、脳神経外科診療自体も年々高度となり、一個人で脳腫瘍、脳卒中から小児奇形まで診断・治療を行うことは事実上不可能となってきました。すなわち、脳神経外科診療でも「細分化」と「統合」が行われております。

 

細分化されたsubspecialtyは日本脳神経外科学会員が主たる構成メンバーである日本脳卒中の外科学会/脳卒中学会、日本脳神経血管内治療学会、などの関連学会を中心として生涯教育、研究が進められています。

 

一方、日本脳神経外科学会では医療の質を担保するため「専門医制度」を日本で最も早期に発足し、「専門医訓練施設」を整備し、訓練した医師の技量を厳しく試験して公正に選ばれたもののみを「脳神経外科専門医」として従認定しています。 脳神経疾患が疑われる代表的な症状として、頭痛、手足の麻痺・しびれ、喋りづらい、歩きにくい、聞こえにくい、意識の障害、顔面のけいれん・痛みなどがあります。

 

脳神経外科医の診療圏の調べ方

診療圏調査とは開業場所を選定するにあたって、実際そこで開業した場合にどれぐらいの患者数が見込めるかを各種統計データから検証して算出する事です。診療圏の目安としては、実際は診療スタイル、立地、専門性、競合する医院、駐車場の有無、単独での開業orクリニックモールでの開業などによって診療圏は変化しますし、専門性で他県からの来院患者を獲得するといったケースもありますが、交通事故、脳卒中などの患者を広く集められることを考慮し、半径約2.000m圏内がよいのではないか、とされています。

 

開業予定地の近隣の競合医院や人の流れを調べ、診療圏を設定します。診療圏は大きな道路や線路、川などにより容易に遮断されるため半径何mではきっちりとは設定出来ず、円にならないこともあります。また競合医院の評判・専門・年齢・出身大学・後継者の有無・来院患者数も調べるとよいでしょう。診療圏は重要な広告宣伝対象地域となり後々の広告戦略にもつながります。また、診療圏内の人口動態(町丁別・年齢別・性別・人口推移)を調べます。交通条件においても、脳神経外科は、緊急患者が多く予想されますので、交通の便がよい、などのことも考慮するべきでしょう。そして、診療圏、競合医院調査、人口調査と厚生労働省の受療率を参考にし、推定来院患者数を算定します。